手のひらを太陽に
なぜに6?

a0020340_8543023.jpg







息子の数学の宿題で、

540をできるだけ小さい自然数で割って、その商がある自然数の2乗になるようにするには、どんな数で割ればよいか


という問題がわからないというので教えてくれと持ってこられたんですけど、
まず『できるだけ小さい自然数』と『その商のある自然数の2乗』の『自然数』が同一なのか別物なのかで頭を抱えました(笑)
同一やったら540をxで割ったものがxの2乗になるから、、、、ん、ん、(llllll・_・llllll)......ン??三次方程式!?\(◎o◎)/!
中学生に何やらすねん!!
と思ったんですけど、
今朝起きてもう一度考え直したら、素因数分解でできました(笑)
割るほうの自然数と商である自然数は別物だったんですね~。
計算以前に先生の国語力の問題あり。。。かと(ーー;)

ちなみに、母ちゃんの解は
540=2×2×3×3×3×5になるので
2の2乗×3の2乗×(3×5)と見て、これを(3×5)で割ると(2×3)の2乗となり
「商がある自然数の2乗」に当てはまるので
割る側の「できるだけ小さい自然数」は(3×5)=15である。

なんですけど、合ってますでしょうか??(^_^.)

中学高校と数学大嫌いだった母なのに。。。( p_q)エ-ン
数学なんか聞きにくるなよ!!と息子に文句を言いつつ、この年で一緒に勉強してるような状態です(笑)
な、何?次は平方根。。。!!??ΣΣ┗(___(ェ)___)┛ガーン!
[PR]
by xoanon | 2007-06-08 09:18 | たちどまって* | ▲Top
<< 紫陽花の季節=雨の季節 JR京都駅 >>